ブリッジが入っていますが、インビザライン で矯正できますか?

ブリッジは、2本またはそれ以上の歯牙をしっかり連結しているため、歯牙の移動に対する抵抗が大きくなる場合があり、ブリッジごと動かすのは難しいです

ブリッジがあるために、矯正治療をあきらめてはいませんか?

では、ブリッジが入っていると矯正ができないのでしょうか?

矯正治療ができないわけではありません。

ブリッジごと動かすことは難しいですが、

インビザライン による矯正治療ができないわけではありません。

ブリッジがあってもインビザライン はできる!

方法は2つあります。

パターン1 ブリッジを切断。

・連結部分を切断し、それぞれの歯を個別に動かし、その後、ブリッジを作り直す。

例1

この連結部分を切断します。

切断して開いたスペースに歯を移動して、前歯の並ぶスペースも確保しています。

 

並び終わった状態です。この状態で再度ブリッジを製作します。

ブリッジの土台となる2本の歯の距離が近ずいぶん、ブリッジの安定性は増します。

例2

矯正治療開始前です。左下にブリッジが入っています。

ブリッジを切断してインビザライン にて矯正を開始します。

インビザライン による矯正治療終了後に、新しくブリッジを製作しました。

土台となる歯の向きも、斜めに傾斜していたものが改善された状態で、ブリッジが入っているので、より安定性が増しています。

パターン2 ブリッジは動かさないで、他の歯を動かす。

二つ目は、ブリッジは切断せず、ブリッジ部分は動かさないで、他の歯を動かす計画を作る方法です。

前歯の反対咬合を治療希望ですが、右上にブリッジが入っています。

ブリッジをそのままに改善できる状態でしたので、ブリッジを切断せず、

インビザライン にて矯正治療を行なった後です。

ブリッジが入っていてもインビザライン 矯正治療は可能

全てのブリッジで、矯正治療が可能というわけではありませんが、
ブリッジのある患者様にインビザライン治療が適応できる場合があります。

このような、ブリッジの切断・再製作なども含めたインビザライン 矯正治療の場合、

矯正治療のみしか行なっていないクリニックだと難しい場合があります。

一般治療と矯正治療のドクター、クリニックが別だと、治療のゴール・情報の情報の共有、その歯の状態の判断など、

二つのクリニック間でかなり正確に情報をやり取りする必要があります。

一般治療と矯正治療の両方を行なっているクリニックですと、治療がスムーズに行えることが多いです。

一般治療・インビザライン どちらも同じドクターが行っているクリニック

世田谷通りリキ歯科・矯正歯科では、一般治療・インビザライン 治療のどちらも院長が行っています。

ブリッジに限らず、被せ物などが入っている方で矯正治療ご希望の方は、

ぜひ一度、矯正相談にお越しください。

世田谷・桜新町・経堂・上用賀・二子玉川付近で、マウスピース矯正(インビザライン )の無料矯正相談、歯並びでお悩みの方のご相談、クリーニング・検診をご希望の方は、
世田谷通りリキ歯科・矯正歯科までご連絡ください。

平日:09:30~13:00 / 14:30~18:30

土曜:09:30~13:00 / 14:00~17:00

矯正相談の申し込み(初回は無料)

お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください

03-5799-7440