痛くない、
歯の寿命を縮めない
最小限の虫歯治療

「歯医者嫌い」が多くなる原因は、歯科治療が痛いものだからです。さらに不快な振動や長引く神経の治療など、虫歯治療にはネガティブな要素がたくさんあります。当院では、そんなネガティブな要素をできるだけ取り除いた虫歯治療を心がけています。できるだけ削らない、神経を抜かない、痛みが少ない最小限の虫歯治療をこころがけることで、治療後の虫歯の再発も減ります。その理由について解説します。

【世田谷通りリキ歯科・矯正歯科式】
10の無痛虫歯治療

【世田谷通りリキ歯科・矯正歯科式】10の無痛虫歯治療

世田谷通りリキ歯科・矯正歯科では、虫歯治療に伴う痛みを軽減する10の方法を採用しております。痛みをゼロにすることはなかなか難しいのですが、限りなく無痛に近い治療を心がけています。当院ほど無痛治療に力をいれた歯科医院は東京都世田谷近辺で他にはないかと思われます。

1. 歯ぐきに塗る麻酔(表面麻酔)

1. 歯ぐきに塗る麻酔(表面麻酔)

痛みに敏感な患者さんにとってまず問題となるのが麻酔注射です。歯を削る際の痛みや振動が苦手な方は多いですが、それ以前に麻酔針を刺入する際の痛みを嫌っている方も珍しくありません。そこで当医院では、歯ぐきの表面に塗布するジェルタイプの麻酔薬を使用しています。これは麻酔の痛みを軽減するための麻酔ですので、次の注射針による麻酔の痛みを感じにくくなります。

2. 電動麻酔器

1. 歯ぐきに塗る麻酔(表面麻酔)

当医院では電動麻酔器を用いることで、麻酔液の注入量や注入速度を一定しています。麻酔に伴う痛みや不快感というのは、注射針を刺入する時だけでなく、注入量や注入速度が変化することによっても生じますので、従来の手動式ではなく電動式を採用しています。

3. 細い注射針(33G)を採用

3. 細い注射針(33G)を採用

注射を刺す時に生じる痛みは、注射針の直径が細ければ細いほど少なくなります。そこで当医院では一般的に使用されている注射針で最も細いレベルの「33ゲージ」を使用していますので、刺入による痛みも最小限に抑えることができます。

4. 超極小の治療用ドリル

4. 超極小の治療用ドリル

当医院で採用している治療用のドリルは、今現在、歯科治療で使用されているものの中でも最も細いため、精密治療に適しています。始めは通常の細さのドリルで歯を削り、さらに細かい操作が必要な場面で超極小のドリルを活用することで、削る歯質を最小限に抑えた精密治療を実現しています。

5. 5倍速コントラ

5. 5倍速コントラ

歯科治療が嫌いになる原因は、治療に伴う痛みだけではありません。歯を削る際に生じる不快な音や振動なども、患者さんによっては受け入れがたい要素といえます。そこで当医院では、通常の5倍の速度で回転するコントラアングルを採用することで、不快な音や振動を軽減しております。高速で回転することで、静かな切削処置を可能にします。

6. 拡大鏡による低侵襲の歯科治療

6. 拡大鏡による低侵襲の歯科治療

当医院の歯科治療では、拡大鏡を活用することによって、侵襲の少ない治療を提供しております。視野が拡大することで不要な歯質の削除が減り、切削に伴う痛みも減少しますので、痛みの少ない無痛治療へとつながります。

7. 温めた麻酔液の使用で刺激を緩和

7. 温めた麻酔液の使用で刺激を緩和

麻酔液は保存の観点から冷蔵する必要があるのですが、使用する前に人肌程度まで温めることで、投与時の刺激を軽減しております。専用のウォーマーを用いて、適切な方法で温めているため、安全性も確保されています。

8. 痛みの少ない麻酔針の刺入法

8. 痛みの少ない麻酔針の刺入法

麻酔を投与する際に最も痛みが強まるのは、針を歯ぐきに刺入する時です。何の配慮もなく歯ぐきに針を刺せば、当然強い痛みが生じますが、粘膜を針に当てるような感覚で自然に刺入することで、麻酔の際の痛みを軽減します。

9.痛みを感じにくい時に針を刺す

9.痛みを感じにくい時に針を刺す

私たちの体は交感神経と副交感神経からなる自律神経によって、心身のバランスが保たれています。例えば息を吐いている時は、副交感神経が優位になっているため、痛みを感じにくくなっており、この時を狙って麻酔針を刺すよう心がけております。

10. 本当の無痛治療は予防歯科

10. 本当の無痛治療は予防歯科

無痛治療といっても、完全に痛みを取り除くことはできません。歯科治療には歯を削ったり、注射針を刺したりと、体に刺激が加わる処置が多く含まれます。ですから、真の意味での無痛治療をご希望の方は予防に徹することが不可欠です。当医院でも力を入れている予防歯科であれば、治療そのものに刺激が少ないだけでなく、虫歯や歯周病を予防することで、本格的な歯科治療を受ける必要がなくなるのです。そのため、定期検診や歯のクリーニングを受けることを推奨しております。

【世田谷通りリキ歯科・矯正歯科式】
歯質削除量を減らす4つの処置法

【世田谷通りリキ歯科・矯正歯科式】歯質削除量を減らす4つの処置法

世田谷通りリキ歯科・矯正歯科では、最小限の虫歯治療を実現するために、つめ物やかぶせ物は作り代えるのではなく補修に努め、歯質の削除量を減らすために次の4つの方法を採用しています。

1. 拡大境を用いた精密治療

1. 拡大境を用いた精密治療

歯科用拡大鏡を用いることで治療中の視野が広がり、不要な切削を避けることが可能となります。また、小さな病変まで見分けることができますので、早期発見、早期治療に寄与します。当医院ではそんな精密治療を保険か自費かに関わらず、全ての治療で行っております。

2. 健全な歯を守るため手用器具を併用

2. 健全な歯を守るため手用器具を併用

当医院では、虫歯菌に侵された歯質を削除する際、タービンなどの電動ドリルだけでなく、スプーンエキスカと呼ばれる手用器具も併用しております。スプーンエキスカを用いることで、余計な歯質の削除を防ぎ、健全な歯質を可能な限り残すことが可能となります。

3. 虫歯検知液の使用で正確な歯質除去

3. 虫歯検知液の使用で正確な歯質除去

歯科にはう蝕検知液という、虫歯菌に汚染された歯質だけを染め出す液体があり、虫歯治療の際にこれを細かく使用していくことで、虫歯と健全な歯質の境目を正確に見分けることができます。その結果、最小限の歯質削除へとつながります。

4. 予防歯科の推進

4. 予防歯科の推進

虫歯における最大の保存療法は、虫歯にならないことです。虫歯にならなければ、歯質を削る必要がありませんので、歯をまるごと保存することができます。そのために当医院では、予防歯科の取り組みを推進しております。歯の定期検診を始めとして、虫歯にかからないためにやれることを患者さまに提案させて頂いております。

【世田谷通りリキ歯科・矯正歯科式】
歯を抜かずに残す4つの処置法

【世田谷通りリキ歯科・矯正歯科式】歯を抜かずに残す4つの処置法

虫歯治療で最もシンプルなのは抜歯です。歯を抜いてしまえば、削る必要もありません。けれども、天然の歯は機能性においても審美性においても、人工歯と比較にならないほど優れたものですので、可能な限り保存することが最善といえます。当院ではそのための処置法を4つご用意しております。

1.歯の神経を抜かない

1.歯の神経を抜かない

歯は歯髄腔に存在する神経や血管によって栄養が供給されていますので、歯髄を保存することは抜歯を避ける上でも重要な選択といえます。当医院では、根管が一部露出してしまったケースでも、できるだけ神経は抜かずに殺菌作用の強いMTAセメントなどを用いることで、感染のリスクを下げる努力を行っております。

2. 拡大鏡による精密治療

2. 拡大鏡による精密治療

拡大鏡を用いた精密治療によって、歯質削除量を最小限に抑えられるだけでなく、歯髄の保存にも貢献しますので、抜歯を避ける可能性が高まります。

3. 再発させないための精密根管治療

3. 再発させないための精密根管治療

虫歯の感染が根管内にまで及んでも、すぐに抜歯となるケースは稀です。時間をかけて根管治療を行い、根管内を綺麗に消毒します。ただ、根管治療が不十分で再感染が起こると、抜歯となるケースが珍しくありません。当医院では、そうした再発による抜歯を防ぐため、精密根管治療を実施しております。拡大鏡だけでなく、ラバーダム、MTA、ニッケルチタンファイルなどを活用することで、再発リスクを低減させます。

4. 虫歯の根本的な原因を取り除く

4. 虫歯の根本的な原因を取り除く

虫歯は、歯質に細菌が感染を起こすことで発症する病気ですが、根本的な原因は患者さまの口腔内の状態や生活習慣などにあることが多いです。それらを取り除かなければ、1本の虫歯を治療したとしても、また次の虫歯が発生しかねません。そこで当医院では、虫歯への対症療法だけでなく、根本的な原因を取り除く原因療法も同時に行っています。

東京都世田谷近辺の痛くない、
抜かない虫歯治療なら当医院へ

東京都世田谷近辺の痛くない、抜かない虫歯治療なら当医院へ

世田谷通りリキ歯科・矯正歯科では、治療に伴う痛みが少なく、歯質削除量を最小限に抑えた虫歯治療を提供しております。抜歯は虫歯治療の最終手段です。そこに行きつく前に、やれることは全てやらせていただきます。東京都世田谷近辺で歯質の保存に努め、痛くない、削らない、抜かない虫歯治療を希望される方は、ぜひお気軽に上町駅・桜新町駅近くの世田谷通りリキ歯科・矯正歯科までご相談ください。