厚生労働省の基準に沿った
除菌衛生管理体制

厚生労働省の基準に沿った除菌衛生管理体制

当医院では、衛生面に配慮した診療を心がけ、除菌衛生管理体制も徹底しております。とくに滅菌対策に力を入れていますので、以下にその内容を説明させて頂きます。

院内感染防止の具体的な取り組み

オートクレーブによる強力滅菌

オートクレーブによる強力滅菌

当医院で使用している金属製品のほとんどは使用後、強力な滅菌装置であるオートクレーブにかけています。オートクレーブ内は高温高圧状態となりますので、使用後汚染された器材を強力に滅菌することが可能です。

ドリルは絶対に使い回さない

ドリルは絶対に使い回さない

虫歯を削る際に用いるドリルは、処置後に必ず汚染された状態となりますので、絶対に使い回すことはありません。使用後その都度、滅菌器にかけ、清潔な状態に戻します。当然、患者さまごとに使用するドリルを取り替えています。

衛生的な使い捨て用品の活用

衛生的な使い捨て用品の活用

歯科治療に使用するものは、出来る限りディスポーザブル品(使い捨て用品)であることが望ましいです。当医院では、グローブやうがいカップだけでなくトレーなどもディスポーザブル品を活用し、1回1回の診療で廃棄しています。

麻酔注射における感染防止策

麻酔注射における感染防止策

歯科麻酔で使用する注射針と麻酔薬(カートリッジ)は当然のことながら使い捨てですので、基本的に感染のリスクはありません。けれども、カートリッジを装着する注射筒は使い捨てではありませんので使用後、毎回滅菌しております。なぜなら、注射筒内に血液などの感染物質が残留している可能性があるからです。

空気清浄機で空気感染を防止

空気清浄機で空気感染を防止

待合室にはたくさんの患者さまが待機されますので、ウイルスなどの空気感染リスクが高まります。そこで当医院では、待合室に空気清浄機を設置することで、空気感染のリスクを低減しております。

院内の清掃を徹底する

院内の清掃を徹底する

院内は白を基調とした内装なので、汚れていれば目立ちます。逆にそれは汚れを見つけやすくし、院内を清潔に保つことができます。院内の清掃は、スタッフ全員で毎日行っております。院内の衛生管理は、感染防止対策の基本ともいえますので、徹底した清掃を心がけています。

感染防止カバー

空気清浄機で空気感染を防止

使い捨ての紙コップやトレー、グローブなどはもちろんですが、 135℃の滅菌装置に入れられない 口腔内カメラや光照射器などは使い捨てのカバーを使用し、一人一人新品を使用します。衛生的な使い捨て用品を使用することで安心して治療・予防処置が受けられるようになっています。

ペーパーポイントの使用

院内の清掃を徹底する

ペーパーポイントとは根菅内を乾燥に用いられます。根管内の乾燥は、風をかけただけでは不十分です。また手で細く巻きつけた綿栓では滅菌されていなかったり異物が残ります。ペーパーポイントを使用することで水分をしっかり吸収し、異物を残しません。

東京都世田谷近辺で
徹底した感染対策の歯科医院を
お探しなら当医院へ

東京都世田谷近辺で徹底した感染対策の歯科医院をお探しなら当医院へ

このように世田谷通りリキ歯科・矯正歯科では、厚生労働省の基準に基づいた形で、院内感染対策を徹底しており、地域の方々に「総合歯科医療サービス」を提供できる優良な施設を目指しております。東京都世田谷近辺にご在住の方で、衛生的な歯科医院をお探しなら、ぜひ当院までご連絡ください。衛生的な環境での診療をご提供させて頂きます。